猫に小判ではなく、猫に錠剤…

 

10歳になる愛猫のマリンが膀胱炎で苦しんでいます。20日に病院へ行き、錠剤の薬をもらいました。以前は飲んでくれていたのですが、今回は4日目に、飲み込まず口中に留め吐き出す術を覚えてしまいました。5日目は惠理先生とマリンの根競べ。ついに先生の方が「可哀そ過ぎる」と音を上げました。

 

続きを読む

歴史を感じます、ご縁は巡る

 

NHKの朝ドラ「わろてんか」を観ていますか。来週がいよいよ最終週ですね。先日、大阪に出張した際、大阪天満宮に行ったのですが、裏門に「天満天神 繁盛亭」という寄席があり、ふと気になってシャッターを押していました。ガイドブックを見ていて、この地にかつてあったのが、主人公のてんと藤吉が初めて買った端席「風鳥亭」のモデルとなった「第二文藝館」だったことを知りました。

 

続きを読む

歯の浮くような、お世辞ってものは…

 

久し振りなのか、初めてなのか、ベタなベタ褒めをいただいて、お世辞嫌いな惠理先生も思わず声を上げて笑ってしまいました。でも疎ましいというより、結構気持ち良かったことも確かでした。その人に計算などの世知辛いものがなかったからかな。

 

続きを読む

旬の食材は、美味いです

 

魚にしても野菜にしても、何でもいつでも食べられますよね。だから季節感がまったく分からない。せいぜい新じゃがとか、新玉ねぎとか、新がついていると分かる程度のいい加減さ。しかし、やっぱりその季節のものって、新鮮であり、アピール力があります。

 

続きを読む

人間生きてりゃ、変わってくる

 

僕はペットが好きではありませんでした。ことに猫は苦手だと思っていました。でも、マリン(我が家の10歳になる愛猫)と付き合うようになって、可愛いと思うようになりました。血尿が出た時には、本当に心配でした。僕が猫を心配するなんて…。変わったな、と思います。

 

続きを読む

猫に飯をやる人は、召し使いだって⁉

 

マリン(我が家の10歳になる愛猫)が、膀胱炎になりました。昨夕(3月19日)、トイレの石に赤い液体が付着しているのに気づいてドッキリ。その後、トイレで小便をする瞬間に立ち会い観察すると、赤い液体がポトリ、ポトリと3滴落ちました。血尿だ! すぐ病院に予約を入れ、3月20日、クリニックに行って来ました。

 

続きを読む

美顔になる最高・最強のお化粧とは?

 

平昌パラリンピックが閉幕しました。五輪の時も思ったのですが、女性アスリートが美しくなってきました。そう思いませんでしたか? 失礼ながら、昔は違った。「天は二物を与えず」でした。足も長くなり背が高くなり欧米化してきました。その要因は食物にあるので、今回の視点からは外させていただきます。

 

続きを読む

海もいいけど、山もいい

 

3月17日、友人と惠理先生の3人で大山に登りました。近場だし、1252メートルだからってバカにしちゃいけません。つい、最近も滑落死者が出たそうです。歩いていると事故のあった場所には注意を促す看板も立っていました。その付近を通るときは、やはり怖かった。

 

続きを読む

キーワードが問題だ

 

ブログのタイトルはキーワードが重要だそうですね。僕としては一応、興味を惹きそうなキャッチーな見出しを考えているつもりなんですが…。いちおう元新聞記者ですから。分からないのが、キーワードって何か、ってことです。書いてある内容、文章にあるものですよね? それとも飛躍していいのかな?分かる人がいたら、是非、教えていただきたいです。

 

続きを読む