登る、下る(人生だね)

8月15日の59回目の誕生日に初めて山に登りました。伊勢原にある大山です。付き添ってくれた高校時代からの親友は20年来の登山歴があり、最近は南アルプスの北岳(3,193㍍)に登ったそうです。初心者だと謙遜していますが、そうしたら僕も一緒に登った妻(伊藤惠理改め矢後惠理)も何でしょう? 初登山に大山はもってこいのお気楽コースかと思いきや…。オーマイガー、でした。

続きを読む

話すこと、書くこと

7月1日にヒプノセラピーとペレレイヒーリング、講演3本立てのセミナーを開催しました。もちろんフェアリィ代表の矢後惠理(伊藤恵理改め)がメーンのイベントですが、不肖矢後洋一もお話をさせていただきました。これが実にグダグダだったようで…。

続きを読む

受け止めるということ

5月20日にボクシングの世界戦がありました。ロンドン五輪ミドル級で金メダルを獲得した村田諒太が、初めてタイトルに挑戦する注目の一戦でした。しかし結果は判定負け。残念でしたが、僕は村田という男に惚れました。村田という苗字は「男」なんすかね。

続きを読む

本物と偽物について。源泉かけ流し!

お久しぶりです。

5月16、17日に1泊2日で那須塩原に行って来ました。

4月下旬に開講したペレレイヒーラー養成講座を卒業した谷朋子さんが、当地でフェイスリフト&カウンセリングを開業しています。そこで1時間半たっぷりと受けるとともに、近くにある西那須温泉「大鷹の湯」に泊まり、掛け値なしの源泉かけ流し100パーセントの湯を堪能しました。

続きを読む

瞑想と読経

4月2日、瞑想をした。ほんの短い時間ならやったことはあったと思う。しかし、1時間もみっちりやったのは初めてだった。これが、意外にも良かったので驚いています。

続きを読む

ボケと突っ込み

漫才の「ボケと突っ込み」って、分かりますか? コンビの一人が、とボケたことを言うと、相方が「〇〇か!」と言いながら頭を叩いたりするパターンです。タカアンドトシでいえば、タカがおかしなことを言い、トシが「欧米か!」と返すのが、突っ込みの典型的な例です。

続きを読む

スローとファスト

世の中はファスト偏重から、スロー志向へ移っている、もしくは移っていくのでしょうか。でしょうね。ファストフードの世界からスローライフの時代へ。いいですね。

続きを読む

吾輩は犬である!?

吾輩は犬である。名前はまだ…。

いきなり唐突にすみません。何でこんな書き出しかっていうと、最近なぜか猫の生態について考えているのです。今、世の中は空前の猫ブームですよね。確かにマリンはかわいい。僕は犬は嫌いだったし、猫はもっと嫌いだったけど、マリンのことはかわいがっている自分に驚いています。が、しかし…。

続きを読む

世界へ飛び出せ!

日本人も堂々と世界と渡り合える時代になりました。どんどん日本を飛び出して大きく広い場所で戦う人が増えてきました。WBCの侍ジャパンは、準決勝で米国に惜敗しましたが、まったく力に差はありませんでした。僕は大敗してしまうのではないかと心配していたんです。日本代表を疑った自分が恥ずかしいです。

続きを読む

第2の青春なのか? それとも…

最近、気づいたんですけど。涙もろい! 元来が感受性豊かで(って自分で言うか)、すぐ感動する性質(たち)だったけど。なんだか、こんなに泣けるかなと。これって青春時代の特徴ではないのか? それとも、ただの老化か…。じじい化現象なのか…。答えは、この後!

続きを読む